トップページ
書籍検索 新刊300 雑誌 洋書 古書 全集 特価本 シリーズ 建築用途 プロのノウハウ 五十嵐式 建築家
   購入予定の商品はありません。

カバーページ


数量:     

書籍名: 建築はいかに社会と回路をつなぐのか
著者名: 五十嵐太郎
発行所: 彩流社
判型: A5 ページ: 286
価格(税込):¥ 2,420価格(税別):¥ 2,200
発行年月: 2010.01 商品コード: 77911475
 
   内容・概要   
著者が過去に執筆した一連の著作を貫くテーマでもある「建築はいかに社会と回路をつなぐのか」。本書は、「建築」という具体的なモノを手がかりに「世界」を測定する試みである。文字通りの世界だけでなく、西洋と東洋、国家や宗教などの共同体、マイノリティ、男/女のジェンダーから「私」まで、さまざまにスケールを変え、また時代の変遷を追いかけながら建築と社会の関係を問い、行方を論じる。
■目次
・まえがき
 グローバリズムの時代における建築と歴史
・歴史編
 第I部 共同体と他者
 となりのユートピア/世界の表象
 建築史とフィールドワーク 文献資料の外側にあるもの
 乱反射するオリエンタリズム
 1492年 内なる他者の「隔離」、外なる他者の「発見」
 アフリカン・アメリカン・アーキテクトの憂鬱
・歴史編
 第II部 建築家と他者
 ジェンダー論1 女性性をめぐって
 ジェンダー論2 女性と建築家
 自伝論1 建築家という<私>
 自伝論2 建築界の黒羊を名乗った男 下田菊太郎論
 遅咲きの建築家列伝
 建築はいかに社会と回路をつなぐのか
・現代編
 第I部 都市の記憶
 日本国家を表象する建築/僕たちは靖国を知らない
 ふたつのグランドゼロ/廃墟になる自由
 重層的な時間を風景に刻む/近代の建築は愛されているか
 ダム建設がもたらした現代の祝祭/博物館化する上海
 歴史の天使が舞うベルリン
・現代編
 第II部 都市の変容
*公共空間
 リスボンの資産、現代の広場/グラーツの橋が教えるもの
 シアトルの新しい図書の場所/ルツェルンをおおう大きな屋根
 台湾の開かれたスタジアム
*文化戦略
 都市的建築としてのビルバオの美術館/祝祭都市ヴェネチアの生きる道
 マニラを支配した権力の建築/ソウルに生まれた新名所
*予防監視
 99%と100%のあいだ/世界遺産の落書きに思う
 新世界への扉を開くグーグル・ストリートビュー
*都市名所
 シアトルと東京の塔
 東京と名古屋の新しい顔となる高層ビル
 ニッポンのドーム建築
 21世紀を切り開く、鳥の巣
 北京の忘れがたい兄弟ビル
・あとがき
 ドバイ以後の世界を測定する旅とメディア

この本のカテゴリー

   五十嵐式: 
探究/建築論   
   建築家: 
五十嵐太郎   
   関連書籍   
 
表紙戦争と建築
表紙過防備都市
表紙美しい都市・醜い都市 現代景観論
表紙「結婚式教会」の誕生
表紙新編 新宗教と巨大建築
表紙現代建築に関する16章
空間、時間、そして世界
表紙現代建築のパースペクティブ
日本のポスト・ポストモダンを見て歩く
表紙映画的建築 建築的映画
表紙ビルディングの終わり、アーキテクチュアの始まり
表紙presents #2 2010-2013 国士舘大学 南泰裕研究室 活動記録

トップページ  | 注文方法 | ご利用案内 | ご利用規約 | 南洋堂書店 店舗案内 | 会員ID・PWを忘れた方
E-Mail: info@nanyodo.co.jp
(C)1997-2022 nanyodo, All rights reserved.