トップページ
書籍検索 新刊300 雑誌 洋書 古書 全集 特価本 シリーズ 建築用途 プロのノウハウ 五十嵐式 建築家
   購入予定の商品はありません。

カバーページ


数量:     

書籍名: 磯崎新の「都庁」 戦後日本最大のコンペ
著者名: 平松剛
発行所: 文藝春秋
判型: B6 ページ: 476
価格(税込):¥ 2,409価格(税別):¥ 2,190
発行年月: 2008.07 商品コード: 16370290
 
品切 / 探求書申込扱いとなります。

   内容・概要   
1985年、バブル前夜の東京で行われた新宿の新都庁案コンペ。磯崎新が提出した幻の「低層案」、そのキーワードは「広場」と「錯綜体」だった。建築界の知の巨人の、夢と格闘の軌跡を追う、建築ノンフィクションの大作。難解で知られる磯崎新の思想と、日本近代建築史も丁寧に解説。
■目次
・第一章 東京大戦
早起きは三文の徳/丸の内か、新宿か/急がば回れ/「ぶっちぎりで勝とう!」/磯崎新のコンペ要項読み方講座/三つの案
・第二章 ぽんこつエリート
唯一おもしろそうな人/死者のための都市/つまらない!!/失楽園/わからない人/建築家の腹/恐い人
・第三章 右往左往漂流記
大空間を覆う/恐い人2/ハイ-ライズ/踊る大紐育/摩天楼/ネゴシエイター/夢のカリフォルニア
・第四章 帝国の逆襲
帝国の逆襲/帝国の学習/黒幕・岸田日出刀/勅撰建築家・丹下健三/じく
・第五章 磯崎新の帰還
振り出し/嗚呼、高校三年生/磯崎新 都へ行く/建築学科へ/磯崎新 丹下研に入る/貧乏長屋/建築家のデビュー?/美よ さらば/父の影
・第六章 錯綜体
カタチが先か、言葉が先か/空中都市/東京計画 一九六〇/じくじく/めまい/やっぱり「東京」/皮算用/修羅場/錯綜体/グランド・ツアー 一九六三
・第七章 冬の王
別れても好きな人/大阪万博/縄文コケシと建築と政治の微妙な関係/最高傑作という名の哀しみ/インテリもつらいよ/建築家と政治家/斜陽
・第八章 遡行
形が決まらない/闇のささやき/空白/建築の解体/焼跡に建ちあがるもの/○×△□/幾何学的迷宮/大風呂敷の広げ方/前衛は建たない/形が決まった!
・第九章 反撃
勝てば官軍/踏んだり蹴ったり/乱れからくり/反撃/アナログとデジタルの間で/木/カメラアイ
・第十章 都会のマジックアワー
権力の衣裳/「庁舎」か「シティ・ホール」か?/黄昏の帝国/いまさら広場なんて・・・/奇妙なものがたり/反乱/巨大空間/都会のマジックアワー
・エピローグ 建築喜劇

この本のカテゴリー

   建築家: 
磯崎新   
   関連書籍   
 
表紙GA ARCHITECT 6 ARATA ISOZAKI
磯崎新 1959-1978 
表紙建築スタイルブック 半世紀の日本建築110選
表紙磯崎新の建築30 模型・版画・ドローイング
表紙丹下健三 時代を映した「多面体の巨人」
表紙思想としての日本近代建築
表紙磯崎新の思考力 建築家はどこに立っているか
表紙丹下健三 時代を映した「多面体の巨人」
表紙光の教会 安藤忠雄の現場
表紙UNBUILT「アンビルト/反建築史」
表紙Arata Isozaki 磯崎新

トップページ  | 注文方法 | ご利用案内 | ご利用規約 | 南洋堂書店 店舗案内 | 会員ID・PWを忘れた方
E-Mail: info@nanyodo.co.jp
(C)1997-2022 nanyodo, All rights reserved.