トップページ
書籍検索 新刊300 雑誌 洋書 古書 全集 特価本 シリーズ 建築用途 プロのノウハウ 五十嵐式 建築家
   購入予定の商品はありません。

カバーページ


数量:     

書籍名: 日本の建築遺産12選 語りなおし日本建築史
著者名: 磯崎新
発行所: 新潮社
判型: B5変 ページ: 125
価格(税込):¥ 1,760価格(税別):¥ 1,600
発行年月: 2011.06 商品コード: 10602220
 
   内容・概要   
三十三間堂は何故あんなに長いのか?出雲大社が何度も倒れたわけは?壊れる、消える、だからこそつくる。建築界の巨匠が、古代から20世紀に至る12の名建築の隠れた見どころ、意外な真実を語り尽くし、解き明かした「日本的なるもの」とは?三内丸山遺跡から代々木オリンピックプールまで「これだけは見ておきたい建築遺産」案内つき。「3・11後の建築」を展望するエッセイも緊急収録!
■目次
・はじめに 「柱」と「架構」から日本建築史を読みかえる
・1 神を感知するために
 [垂直の構築]出雲大社 超高層神殿をささえた柱
 [水平の構築]伊勢神宮 古殿地という「出来事」
・2 <柱>原理主義
 [垂直の構築]浄土寺浄土堂 四天柱から飛ぶ太い梁
 [水平の構築]唐招提寺金堂 列柱が生む端麗な空間
・3 のびゆく内部空間
 [垂直の構築]円覚寺舎利殿 天井へと上昇する志向
 [水平の構築]三十三間堂 無限焦点のメガ・ステージ
・4 二つのフリースタイル
 [垂直の構築]三仏寺投入堂 崖のうえに現れた美学
 [水平の構築]西本願寺飛雲閣 光の海に浮かぶ船
・5 テーマパークの近世
 [垂直の構築]さざえ堂 「二重螺旋」という奇想
 [水平の構築]修学院離宮 上の御茶屋 雲間に広がる浮遊空間
・6 20世紀日本建築の到達点
 [水平の構築]代々木オリンピックプール 1964年の「大伽藍」
 [垂直の構築]水戸芸術館アートタワー 下から上へ伸びる無限の柱
・おわりに 「やつし」の美学をめぐって
・略歴
・磯崎新 主な建築作品

   関連書籍   
 
表紙空間の行間
表紙建築における「日本的なもの」
表紙見立ての手法 
日本的空間の読解
表紙新装版 図説 日本建築の歴史
寺院・神社と住宅
表紙芸術新潮 2013年8月号 磯崎新が読み解く知られざる丹下健三

トップページ  | 注文方法 | ご利用案内 | ご利用規約 | 南洋堂書店 店舗案内 | 会員ID・PWを忘れた方
E-Mail: info@nanyodo.co.jp
(C)1997-2022 nanyodo, All rights reserved.