トップページ
書籍検索 新刊300 雑誌 洋書 古書 全集 特価本 シリーズ 建築用途 プロのノウハウ 五十嵐式 建築家
   購入予定の商品はありません。

カバーページ


数量:     

書籍名: 磯崎新建築論集3 手法論の射程
形式の自動生成
著者名: 磯崎新 著、日埜直彦(編集協力)
発行所: 岩波書店
判型: 四六 ページ: 298
価格(税込):¥ 3,960価格(税別):¥ 3,600
発行年月: 2013.05 商品コード: 00028603
出荷までの日数:1〜2ヶ月以内に発送
 
品切 / 探求書申込扱いとなります。

   内容・概要   
1968年の「文化革命」の経験をとおして近代建築の限界(=モダニズムの終焉)を実感し、70年の大阪万博で国家の呪縛に絡め取られる苦い経験(=建築家としての挫折)を味わった著者が、その後の時代的変動に対応しつつ彫琢したオリジナルな建築の思想と方法。「手法論」は、建築=都市デザインの最前線で活躍し続ける著者の、建築方法論の核心的位置を占めるキー概念。世界的な社会システムの変化が、必然的に建築のありようを大きく左右するなか、洞察と先見性に満ちたこの手法論は今後ますます大きな意味をもつことになるであろう。

■目次
・反回想3 手法論の射程(著者解題)
I  シニフィアンの流れと濃度
 1. 闇の空間 -イリュージョンの空間構造
 2. 日本の都市空間
 3. シンボルの再生
 4. 見立ての手法
 5.世界観模型としての庭 -「うみ」のメタファー
II リダクションー零地点へ
 1. なぜ手法なのか
 2. 模型的思考
 3. 立方体・わが敵
III ハイブリッドー網状の<しま・じま>
 1.「非都市的」思考
 2.虚構の枠組
 3. <パノプティコン>から<アーキペラゴ>へ
IV アルゴリズム -形成の生成
 1.プロセス・プランニング論
 2.二十年ごとの零地点
 3.手法としての<舞台>と<装置>

この本のカテゴリー

   五十嵐式: 
磯崎新   
   建築家: 
磯崎新   
   関連書籍   
 
表紙磯崎新建築論集4 <建築>という基体
デミウルゴモルフィスム
表紙磯崎新建築論集2 記号の海に浮かぶ<しま>
見えない都市
表紙磯崎新建築論集1 散種されたモダニズム
「日本」という問題構成
表紙海市 もうひとつのユートピア
表紙手法が
カウンター・アーキテクチュア
表紙空間へ
根源へと遡行する思考
表紙見立ての手法 
日本的空間の読解
表紙磯崎新Interviews
表紙磯崎新建築論集5 「わ」の所在
列島に交錯する他者の視線
 
表紙磯崎新建築論集6 ユートピアはどこへ
社会的制度としての建築家 

トップページ  | 注文方法 | ご利用案内 | ご利用規約 | 南洋堂書店 店舗案内 | 会員ID・PWを忘れた方
E-Mail: info@nanyodo.co.jp
(C)1997-2022 nanyodo, All rights reserved.