トップページ
書籍検索 新刊300 雑誌 洋書 古書 全集 特価本 シリーズ 建築用途 プロのノウハウ 五十嵐式 建築家
   購入予定の商品はありません。

カバーページ


数量:     

書籍名: 磯崎新建築論集1 散種されたモダニズム
「日本」という問題構成
著者名: 磯崎新 著、横手義洋(編集協力)
発行所: 岩波書店
判型: 四六 ページ: 271
価格(税込):¥ 3,960価格(税別):¥ 3,600
発行年月: 2013.03 商品コード: 00028601
 
品切 / 探求書申込扱いとなります。

   内容・概要   
日本の建築界は、いかなる過程を経てモダニズムを受容したのか。代表的な建築家たちの格闘の軌跡を分析することで、日本の近代建築の問題点を浮き上がらせるとともに近代を相対化し、「日本的なもの」を乗り越える著者自身の建築に対する姿勢を明らかにする。
21世紀の今日的視線から描き直す磯崎版「日本近代建築史」。

■目次
・反回想1 散種されたモダニズム(著者解題)
 I.. 「日本的なもの」をめぐる問い
   「趣味」と「構成」
   「構築」と「空間」
   「弥生」と「縄文」
   「自然」と「作為」
   「か」と「ひ」
 II.. 外からの視線
   フェロノサ=パウンドの「漢字考」
   岡倉天心の「強羅六角堂」
 III. .内からの応答
   堀口捨己の「非都市的なるもの」
   立原道造の「方法論」
 IV. モダニストによる変成
   坂倉準三の居場所
   丹下健三の「建築=都市=国家」共同体としての日本
 V. 「日本」というアイデンティティ
   「晟一好み」としてのアジア的なもの
   テクノロジー・芸術・体制
   都市・国家・そして様式を問う
・解説 横手義洋

この本のカテゴリー

   五十嵐式: 
磯崎新   
   建築家: 
磯崎新   
   関連書籍   
 
表紙磯崎新建築論集 全8巻セット
表紙磯崎新建築論集2 記号の海に浮かぶ<しま>
見えない都市
表紙磯崎新建築論集3 手法論の射程
形式の自動生成
表紙磯崎新建築論集4 <建築>という基体
デミウルゴモルフィスム
表紙立原道造 故郷を建てる詩人
表紙建築家 坂倉準三 モダニズムを生きる 人間、都市、空間
表紙堀口捨己の「日本」 空間構成による美の世界
表紙批評と理論
表紙磯崎新建築論集5 「わ」の所在
列島に交錯する他者の視線
 
表紙モダニスト再考[日本編] 建築の20世紀はここから始まった

トップページ  | 注文方法 | ご利用案内 | ご利用規約 | 南洋堂書店 店舗案内 | 会員ID・PWを忘れた方
E-Mail: info@nanyodo.co.jp
(C)1997-2022 nanyodo, All rights reserved.