トップページ
書籍検索 新刊300 雑誌 洋書 古書 全集 特価本 シリーズ 建築用途 プロのノウハウ 五十嵐式 建築家
   購入予定の商品はありません。

カテゴリピクト

  26 件の書籍がヒットしました。 

そのうち 1 〜 20件目を表示しています。
テキストリスト表示

     1   2   次に進む >>   
表紙 白井晟一入門 入れる
著者名: 渋谷区立松濤美術館 監修  
出版社:  青幻舎 2021.11  発行 ¥ 2,970 (税込)
内容:白井晟一(1905〜1983)は京都で生まれ、京都高等工芸学校(現京都工芸繊維大学)図案科卒業後、ドイツで哲学を学ぶなど異色の経歴をもつ建築家。日本での建築のありかたを問い続け、丹下健三も加わった「伝統論争」などの論客として知られる白井は、そのユニークなスタイルから孤高の建築家、哲学の建築家などとも……
表紙 白井晟一の伝統論と和室 入れる
著者名: 羽藤広輔  
出版社:  中央公論美術出版 2021.01  発行 ¥ 3,960 (税込)
内容:白井晟一の建築の伝統に対する考えは、いかに変遷し、何を重視していたのか。 近年、建築デザインにおける「伝統」のあり方が注目されている。こうした現代の伝統理解の形成に大きな役割を果たしたのが、過去の「伝統論争」であり、1950年代の例では、丹下健三や白井晟一がその中心的な存在として捉えら……
表紙 抽象の力 近代芸術の解析 入れる
著者名: 岡崎乾二郎  
出版社:  亜紀書房 2018.12  発行 ¥ 4,180 (税込)
内容:名著『ルネサンス 経験の条件』から17年。近代芸術はいかに展開したか。その根幹から把握する、美術史的傑作。 20 世紀美術を動かした真の芸術家たちは誰か。 ヒルマ・アフ・クリント、夏目漱石、ヴァネッサ・ベル、トーレス・ガルシア、熊谷守一、ダヴィド・ブルリューク、ジョン・D・グラハ……
表紙 白井晟一の原爆堂 四つの対話 入れる
著者名: 加藤典洋、岡乾二郎、五十嵐太郎、鈴木了二、白井磨  
出版社:  晶文社 2018.07  発行 ¥ 2,200 (税込)
内容:日本の戦後が抱えた欺瞞、福島第一原発の行方、新国立競技場問題、社会における建築家の役割、これからの建築について。「原爆堂」をめぐり、知の領域を広げる新しい対話の試み。 ■目次 ・原爆堂について 白井晟一 ・図版 ・序 言葉と建築 白井晟一の戦後と原爆堂構想 白……
表紙 平良敬一建築論集 機能主義を超えるもの 入れる
著者名: 平良敬一  
出版社:  風土社 2017.04  発行 ¥ 3,300 (税込)
内容:建築ジャーナリズムに携わって間もなく70年になる著者が、自ら主宰した数々の建築雑誌に綴ってきた膨大な量の論文・著述の中から珠玉の18編を精選。近代建築が置き去りにしてきたもの、現代建築が見失っていることへ投げかけられた提言とは。 ■目次 1. 地域主義の可能性  ・家をつく……
表紙 磯崎新と藤森照信のモダニズム建築談義 入れる
著者名: 磯崎新、藤森照信  
出版社:  六耀社 2016.08  発行 ¥ 3,960 (税込)
内容:現代建築界の巨匠、磯崎新と藤森照信が自由に語り合った『磯崎新と藤森照信の茶席建築談義』(2015)に続く建築口伝 第2弾。 1920年代はじめから1960年代終わり、建築界では19世紀前の様式建築が終焉を告げ、新たな時代の、新しい建築様式「モダニズム建築の時代」を迎えていた。当時、日本……
表紙 白井晟一の建築 V 和風の創造 入れる
著者名: 白井晟一研究所 編著  
出版社:  めるくまーる 2016.07  発行 ¥ 1,650 (税込)
内容:白井晟一の建築作品を取り上げる新シリーズ第五集、完結編。白井晟一は「創造」の問題として日本の「伝統」を積極的に論じている。それは「伝統」を形態や様式でとらえるのではなく、日本文化の独特な原思想ともいえる潜在的な能力に目を向けるものだった。白井が目指したのは日本的創造としての「和風」であり、あらゆる部……
表紙 白井晟一の建築 IV 初期の建築 入れる
著者名: 白井晟一研究所 編著  
出版社:  めるくまーる 2015.08  発行 ¥ 1,650 (税込)
内容:白井晟一の建築作品を取り上げる新シリーズ第四集。最初期の建築から原爆堂計画、浅草善照寺までを写真、図面、パースで記録する。昭和思想史を背景に原爆堂計画立案に至る建築家の動機を探る論考を解説に付す。 ■目次 歓帰荘2階洋室、夕顔の家(嶋中山荘)・離れ、秋の宮村役場、浮雲(稲住温泉)……
表紙 無窓 入れる
著者名: 白井晟一  
出版社:  晶文社 2010.09  発行 ¥ 2,090 (税込)
内容:白井晟一が生前に唯一発表した貴重なエッセイ集。伝統論争に大きな視座を与えた「縄文的なるもの」をはじめ、建築と美にまつわる論考全43編を収録。ながらく入手困難だった名著がここに復刊。 ■目次 ・無窓無塵  秋の宮村役場/おもいで/試作小住宅/地方の建築/K邸とその書屋について ……
表紙 建築の出自 長谷川堯 建築家論考集 入れる
著者名: 長谷川堯  
出版社:  鹿島出版会 2008.04  発行 ¥ 2,750 (税込)
内容:創造力の秘密に迫る長谷川堯による珠玉の評論集。前川國男、白井晟一、山口文象、佐藤秀三、浦辺鎮太郎、菊竹清訓。モダニズムという仮面の下にひそむ「ヴァナキュラーな建築」。人と作品を結ぶ「不可視の紐帯」を探る。 ■目次 ・論考 前川國男 「告白」についての読み直し ・論考 白井晟一……
表紙 白井晟一空間読解 形式への違犯 入れる
著者名: 安原盛彦  
出版社:  学芸出版社 2005.09  発行 ¥ 1,980 (税込)
内容:生誕100年を迎えた建築家の空間に迫る! 図面と実空間のディテールに表れる空間を読み解く。今年、生誕百年を迎えた白井晟一。日本建築界の中にあって、「異端」の建築家と呼ばれていた彼だが、その言葉数の少なさとは対照的に数多くの図面を発表し、残している。また、白井晟一が語られる時には白井の哲学的思想……
表紙 白井晟一スケッチ集
DESSIN & ESQUISSE by S.SIRAI
入れる
著者名: 白井晟一研究所  
出版社:  同朋舎出版 1992.02  発行 ¥ 27,500 (税込)
低額古書   
内容:白井晟一の肉筆(スケッチ・エスキス)を忠実に再現。構想の初期、白井の脳裏に浮かんだ断片的なイメージの極めて私的なメモの数々。それらは、白井の思想と創造の軌跡に迫るための、直接的かつ客観的な手掛かりとなる。……
表紙 建築・都市論異見 ジャーナリズムの周縁から 入れる
著者名: 宮内嘉久  
出版社:  田畑書店 1984.02  発行 ¥ 3,300 (税込)
高額古書   
内容:・序 ありてなければ ・1 想像力と都市現実 虚偽意識 「反核」建築家の足許/建築家における主体的な闘い/白い手形と海賊窓/想像力としてのコミュニティ建築 <太陽の集落>に寄せて/抵抗の構想力 <ミケランジェロ>から<都市の論理>へ/パイザの位相 都市革命論断章/「特権をもたない建築家」……
表紙 白井晟一研究 IV 入れる
著者名: 白井晟一企画編集室  
出版社:  南洋堂出版 1982.11  発行 ¥ 2,750 (税込)
低額古書   
内容:この研究誌は、建築家白井晟一氏の諸作品と建築活動のはらんでいる問題についての論文集。 ■目次 コンセプシオン/寺田透 建築をめぐる法の歴史と状況 明治以後の建築法制の流れ/白石博三 対談 詩と建築/白井晟一・谷川俊太郎 滴々居と虚白庵のあいだ/川添登 壁を開く 二……
表紙 新建築 1981年10月号 入れる
著者名: 品切
出版社:  新建築社 1981.10  発行  
低額古書   
内容:■目次 ・巻頭文 状況への直言  文明の技術を文化の技術に 池田武邦 ・横浜市立 川和中学校  槇総合計画事務所 ・横浜市立 並木第一小学校  槇総合計画事務所 ・石水館(静岡市立芹沢けい介美術館)  白井晟一研究所 ・岸野保育園 ……
表紙 白井晟一研究 III 入れる
著者名: 白井晟一企画編集室  
出版社:  南洋堂出版 1981.02  発行 ¥ 4,180 (税込)
高額古書   
内容:※ビニールカバー本体にハリツキ この研究誌は、建築家白井晟一氏の諸作品と建築活動のはらんでいる問題についての論文集。 ■目次 オリジナリティー/寺田透 建築家のプロフェッション/藤井正一郎 対談 木と石/白井晟一・神代雄一郎 洞窟と樹木 懐霄館へ/富永譲<……
表紙 新建築 1981年1月号 入れる
著者名:  
出版社:  新建築社 1981.01  発行 ¥ 2,200 (税込)
低額古書   
内容:■目次 ・花山第4の住宅 篠原一男 ・青木邸 磯崎新アトリエ ・利賀山房 磯崎新アトリエ ・石原なち子記念体育館 長島孝一/AUR ・心斎橋タワービル 出江寛建築事務所 ・白川公園 木島安史 ・千代田火災事務センター 大江宏建築事務所、梅沢安恵設計事務所<……
表紙 懐霄館 白井晟一の建築 入れる
著者名: 白井晟一、辻邦生、磯崎新  
出版社:  中央公論社 1980.05  発行 ¥ 16,500 (税込)
高額古書   
内容:白井晟一の佐世保の親和銀行・懐霄館の図版・図面を収録。 論文 ・「典雅な根源への思慕」 辻邦生 ・「正息としての建築」 磯崎新……
表紙 白井晟一研究 I 入れる
著者名: 白井晟一企画編集室  
出版社:  南洋堂出版 1978.11  発行 ¥ 4,180 (税込)
高額古書   
内容:この研究誌は、建築家白井晟一氏の諸作品と建築活動のはらんでいる問題についての論文集。 ■目次 対話 白井晟一・磯崎新 「近代」批判の諸問題 オルテガ・イ・ガセの場合/生松敬三 映像を創る空間・言語/篠田正浩 豆腐とめし(文章論)/水原徳言 裂罅のむこうに何……
表紙 白井晟一 建築とその世界 入れる
著者名: 川添登、高瀬良夫、白井晟一、鈴木勤  
出版社:  世界文化社 1978.07  発行 ¥ 16,500 (税込)
低額古書   
内容:白井晟一の人と作品をエッセイ・図面・写真などであらゆる角度から紹介している。作品年譜付。 ■目次 ・文章 二つの塔/白亜の山荘/北国の空間/こころのすまい/祈りの造形/実存の建築/個体の思想 ・作品 懐霄館/ノア・ビル/歓帰荘/嶋中山荘/清沢山荘/浮雲/浮雲 離……
     1   2   次に進む >>   

トップページ  | 注文方法 | ご利用案内 | ご利用規約 | 南洋堂書店 店舗案内 | 会員ID・PWを忘れた方
E-Mail: info@nanyodo.co.jp
(C)1997-2021 nanyodo, All rights reserved.